誠の夢   社労士になりたい・・・
yumemako.exblog.jp
  ブログトップ
家族のありがたさ
2010年 09月 29日 |
毎日社労士ネタではなくて申し訳ないのですが・・・
私の娘は今、臨床心理学の勉強をしています。

少し前は統合失調症のことを勉強していました。
自閉症やアスペルガーのこともやってましたが講師の一人に犯罪心理の先生もいらっしゃってそちらの方へも進みたかったようですが
なかなかキツイ仕事なので諦めて違うゼミをとっています(^_^;)

昨日、そんな娘が「ディスレクシアって知ってる?」って言いました。
私はその言葉さえ知りませんでしたが結構著名人が多いんです。

知的な遅れはないが、読んだり書いたりすることが苦手な人たちのことをいい、「文字とその文字が表す音とが一致・対応し難く、勝手読みや飛ばし読みが多い」、「音読作業と意味理解作業が同時にできないため読み書きに時間がかかる」、「読みが出来ないと文字を書くことはより困難になる」などの特性がある。
特性は個々人で異なるが、早期から自分に合った教育支援を受け、学習方法を見出すことができれば、自尊心を失うこともなく、その才能を伸ばしていくことができるかもしれない。
一方でディスレクシアの人は一般人に比べて映像・立体の認識能力に優れていると言われ、工学や芸術の分野で優れた才能を発揮している者も多い。
これは左脳の機能障害を補う形で右脳が活性化しているためと考えられており、最近では困難さの克服と共にこうした能力を伸長させる試みも行われている。


以上引用しました。

アインシュタインやエジソン、ピカソ、レオナルドダビンチ、ジョンレノン、ウォルトディズニー、モーツアルトなど
たくさんの方々がいらっしゃます。
外国の俳優さんも多いんですよ。

最近はいろんなことが判って来ています。
パニック障害の友達もいます。
多動症の子供も身近にいます。

職場で病んでしまうことも多いようです。
そんなこんなでウチの事務所の顧問先のメンタルクリニックは最近はとても繁盛しています。
鬱の人も多いようです。
私もそう言えば昔、少しそんな時が有りました。
「死んだら楽になれるかも・・・」なんてね。

先天性であったり後天性の場合など様々でしょうけれど
来年の試験どうしよう・・・とか考えることができるってことは本当に幸せだと思えます。
家族も自分も健康でないと本当にしんどいですね。
でもそれを乗り越えた時には家族の絆も一段と深まるんでしょう。

勉強も仕事も家族の応援無しには出来ません。
ホントありがたいことだと改めて感じた夜でした。
[PR]
☆春☆ by yume-mako | 2010-09-29 13:21 | 番外編 |
<< 夢を見たことに慄く ページトップ 模索中 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Oborozakura Skin by Sun&Moon