誠の夢   社労士になりたい・・・
yumemako.exblog.jp
  ブログトップ
ボストン美術館展へ
2010年 08月 28日 |
この1年私なりに一生懸命勉強してました。
ですから世の中の情報をあまり知りません。

先週の試験当日、京都人にとっては知らない人はない!ってほどの《阪急百貨店》が閉店しました。
結局バーゲンも行くこともなく気づいたら閉店だったという次第です(^▽^;)
いろんな情報から取り残されているようですっかり浦島太郎状態です。
でもひとつだけ間に合いました。

京都市美術館で開催されている『ボストン美術館展』です。
私はモネが大好きですから早くからチケットを買ってました。
b0082262_1352169.jpg

毎日ポーチに入れていたのでクシャクシャになってましたが、やっと本日使うことが出来ました(^^)v

b0082262_13531737.jpg

京都の岡崎にある京都市美術館です。
ボストン美術館展はほんとうに好評で連日列をなしていると訊いていましたから
今日は午前中に行って来ました。
入るときは並ばなくて良かったのですがギャラリーの中は人がいっぱいで、ゆっくりと解説を読んでから見るってことが出来ないほど混雑してました。
でも帰る頃には入場の為列を成していたので私の時はまだ空いていたようです。

ピカソの『女性の肖像』の前ではやはりたくさんの人がいました。
私も少し遠くから見てみたのですがやっぱりよくわからない・・・。
不思議な画家ですね。

私の目的は『クロード・モネ』でしたから
"モネの冒険"と題した部屋があったのが嬉しかったです。
一番良いなあって思ったのは『ジウェルニー近郊のセーヌ川の朝』って絵です。
淡い色でしたが吸い込まれそうなセーヌ川の風景が素敵でした。

メインは『アルジャントゥイユの自宅の庭のカミーユ・モネと子ども』でしょうね。
これがチケットの絵になっているのですが
自分の奥様と子どもさんの姿を書かれているモネを想像してました。

衝動買いでモネの本を買ってしまいました(^▽^;)
b0082262_1452728.jpg

b0082262_1453955.jpg

ボストンへ行きたくなりました。

家から美術館までは1時間で行けないのでその間にide塾の法改正ゼミのCDを聴いてました。
あ!ありました!
国年の選択問題のところの説明です。
物価下落率、0,3%、1.7%、2.2%としっかりと説明されてます。
ただ・・・
「これは年金に詳しい方がいらっしゃって質問されたので答えましたが試験に出る範囲ではないので気にしないで良いでしょう」とおっしゃってました。

さすが井出先生ちゃんと説明されてたんですね。
でも出るとは思ってなかったってことなんですね。

私も今回のことでしっかりと把握できてとても良かったと思います。
こうやって1年ずつ知識が増えていくといつかは合格できるかな~~~

でもまだまだ休息中です。

今日の夜は映画を観にいってきま~す。
[PR]
☆春☆ by yume-mako | 2010-08-28 14:33 | 番外編 |
<< リフレッシュの毎日 ページトップ prologue >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Oborozakura Skin by Sun&Moon